自分の誕生石をファッションに取り入れる際の相談先は

誕生石を選ぶ際に頼りになるのは

誕生石の選び方にはポイントがある

自分の生まれ月の誕生石もいいけれど、石の印象や象徴される言葉などから別の宝石も気になるということ、あるのではないでしょうか。そもそもこの石の象徴される言葉とはどのようなものなのか、まずは誕生石につけられた言葉の意味や語源についてご紹介します。

石の持つパワーを運気に取り入れる誕生石

誕生石とは、月ごとに決められている宝石のことです。それぞれの月に対応する誕生石には、特徴や印象から付けられた宝石言葉があります。これらの誕生石は、その誕生月に生まれた人が身につけることで、石のパワーを得られるとされているのです。
誕生石には、1月のガーネット、2月のアメジスト、3月のアクアマリン、4月のダイアモンド、5月のエメラルド、6月のムーンストーン、7月のルビー、8月のペリドット、9月のサファイア、10月のトルマリン、11月のシトリン、12月のタンザナイトなどがあります。
誕生石は、その月に生まれた人だけでなく、その誕生石が持つ特徴や意味が自分にあっていると感じる人であれば、どの月生まれであっても身につけることができます。また、誕生石以外のものを選んでも問題はありません。自分が気に入って、自分にとって意味のあるものを選ぶのが良いでしょう。
また、誕生石を身につけるときには、その石をどのようにファッションに取り入れるかも重要です。誕生石のネックレスやリングなどのアクセサリーを身につけるのが一般的ですが、他にもピアスやブローチ、ペンダントなどさまざまな形で身につけることができます。自分が好んで身につけるものを選んで、自分らしいスタイルを楽しんでみましょう。そこでこちらでは、誕生石の持つ意味、そしてその誕生石とファッションとの併せ方についてのコツや、適切な助言をしてくれるであろう相手についてご紹介します。

相談先として選ぶべきショップとは

誕生石を選ぶときには、自分の直感を信じることも大切です。自分が感じるままに、自分が気に入った石を選ぶのが良いでしょう。その一方で、守り石としての効果も期待している場合は、自身と風水的に相性の良い石を選ぶことが重要になります。 迷った場合は、ショップに相談するようにしましょう。

インターネットで相談することはできるのか

誕生石を購入する方法として、近年ではインターネットを活用した方法が注目されています。自宅から手軽に誕生石を購入することができるのです。 しかし、自身と相性の良い宝石を選ぶことは決して簡単ではありません。 迷った場合は、専門的な知識を持つ方に相談すると良いでしょう。

TOPへもどる